✿「CLOVERの会」とオレンジクラブのコラボ商品を販売✿

こども医療センター・小児がんの家族会「CLOVER」さんと小児がん専門の看護師さんからのご意見や提案をもとに、中心静脈栄養(IVH)を挿入されたお子様たち専用のスタイを、オレンジクラブの縫製グループが作製し、マルシェ(患者図書室前)で販売を始めました。素材や形状など、医療用のスタイとして市販されているものが殆ど無いことから、それぞれが複数枚作る必要があるとのことでした。そんなご家族の負担を少しでも減らす事が出来たら・・・CLOVERさんの思いが、今回の制作・販売へと繋がりました。看護師さんの話の中では、患児の気持ちを和ませるために、治療器具につける備品などを可愛く工夫しているとの話も伺いました。オレンジクラブがお手伝いできることは、まだまだ沢山ある事を感じました。

✿CLOVERさんが作成したスタイの説明チラシ。
医療用スタイとしてオレンジクラブとのコラボ商品として作成された事やCLOVERさんの思いが書かれています。

✿サイズは大・中・小の3種類

✿裏には医療器具を収納するポケットがついています

理也君とピアサポータの演奏会☆彡

9月10日(火)、NPO法人難病の子ども支援全国ネットワークで活動しているピアサポーターの方々と長谷山理也さんによるコンサートが行われました。ダウン症の理也さんは、「エリーゼのために」を弾きたいとの思いからピアノを習い始めたそうです。今回のコンサートでは「エリーゼのために」の他「テンペスト」も披露❢新たに習い始めたウクレレで「古時計」ほか3曲を演奏。ウクレレの先生やピアサポーターの方々も加わり、ウクレレの音色とともに総合待合の会場は、優しく暖かい風が吹いたようになりました(*^_^*)

 

大野和士さん「こころふれあいコンサート」

大野和士さんの「ふれあいコンサート」が今年の夏も行われました。会場となる1階総合待合は満席状態❢沢山の立ち見の人もいる中、通路を確保するのがやっとと言うほど多くの観客の方で埋め尽くされました❢

最高に盛り上がるトトロのテーマ曲やアニメソングでは、観客席の子ども達もタンバリンやカスタネットなどを持ちながら演奏に参加❢オペラ歌手の方々とのコラボレーションで、大きな歌声と沢山の笑顔が待合いっぱいにあふれていました(*^_^*)

子ども達から大野さんと4名の歌手の方々へお礼の花束贈呈❢マイクを向けられ、少し緊張しながら「楽しかった❢」「音が大きくてすごかった❢」等々、子どもらしい感想が聞かれました。なかなか出会う機会がないプロの方々の演奏ゃ歌声を聴き、子ども達にとっても貴重な楽しい時間が過ごせたようでした(*^_^*)
(花束はオレンジクラブのフラワーアレンジメントグループが作りました)

ピカチュウ現る

8月29日の日中、院内のいろんなところにピカチュウが現れ、遭遇したこどもたちは大喜びでした。
ある病棟では、自然発生と思いますが、「ピカチュウピカチュウピ・カ・チュウ」の歌声が響き、それに合わせてピカチュウが軽やかにステップを踏んでくれました。私達大人も可愛いしぐさに癒されました。ピカチュウとその仲間たちに心から感謝しています。

 

☆手作りおもちゃ「ウッドクラフトシアター」☆

おもちゃ作家の湯元桂二さんが、沢山の手作りおもちゃとともに今年も医療センターにやってきました(^_^)/。今回は、木の人形を使った読み聞かせ人形劇「おおきなカブ」や「ぞうくんのおさんぽ」など4つのおはなしをを披露してくれました。木の人形は、一話一話全部変えて作るとのこと。同じような象が出るからと言って、使いまわしはしません。話に合った人形をそれぞれ作るのだそうです。

湯本さんは、人形の動きゃ自身の声の出し方や大きさ等、見ている子ども達がどうすれば興味を待って、楽しく見てくれるかを考えながら舞台創りをしているとのことです。怪獣のおもちゃを子ども達の前まで行って歩かせて見せると、子ども達との距離は一瞬にして縮まりました。湯本さんの問いかけに子ども達が答えながら話は進みます。張のある大きな声の湯本さんの語りは迫力満点❢長テーブル2台分の小さな舞台に、多くの子ども達の目と耳が釘付けとなりました。

★小さな恐竜が本当に歩いているような動きです!!

★木製手作りオモチャ(ほんの一部です)

★おもちゃの準備をする湯本さん
ボランティア室で準備をする湯本さんとお話しをながら、木のオモチャの暖かさと湯本さんの人の暖かさに気持ちがホンワカしてきました(*^_^*)

次回は10月頃に来ていただけるとのことです。近くなったらブログ等でもお知らせします!一度みたらファンになること間違いなし\(^o^)/
お楽しみに~❤

❁季節の花で院内を華やかに❁

毎週月曜日、院内の4か所(総合待合・正面入り口を右方向に進んだ左側カウンター・1階総務前・周産期棟NICU)を季節の花で華やかに飾りつけをしているフラワーアレンジメントグループさんの作品と活動の様子です。梅雨から夏の終わりにかけては、生花にはカビが生える心配があるためアーティフィシャルフラワー(造花)を生けているとのことですが、1つ1つが手作りとあって、触ってみないと生花との区別がつかないモノばかり。驚きです❢ ぜひ、じっくり見てみて下さい✿\(^o^)/✿

“❁季節の花で院内を華やかに❁” の続きを読む

❁作業グループの活動❁

第4木曜日10時~ボランティアルームで活動している作業グループの活動風景です。病院から依頼された外部医療機関への印刷物の封筒詰め、宛名シールの貼付、のり付けまでの作業を20人前後のメンバーで行っています。今回(6月27日)は、1300機関へのセミナー開催等、5枚から7枚の印刷物をセットし投函出来る状態までの作業でした。楽しげな話題で盛り上がるなか、手を動かしての巧みな息の合った連係プレーでお昼前に作業終了ヽ(^o^)丿。午後は、図書シールの貼り替えやボランティアコーナーに置く折り紙の時計やコマ、季節によってお正月の絵馬、七夕の短冊作りも行っています。ぜひのぞきに来てください!(^^)!

“❁作業グループの活動❁” の続きを読む